TOP
   
 
index
 

誕生 苦難 デビュー 更なる苦難 待望のニュー・アルバム

 
〜誕生〜

フランスのシンフォニック/メロディック・パワー・メタル・バンド、ALKEMYSTは、1992年から1999年にかけ、ENDLESSというバンド名で活動していた。1998年にはラインナップも安定、より良い環境でライヴ活動もできるようになっていた彼らは、Helloween, Blind Guardian, Scannerといったドイツのスピード・メタル・バンドからの影響を、Vicious RumorsやAnnihilatorなどのパワー/スラッシュ・メタル・バンドのダークなリフと組み合わせ、そこにRush, Ark, Dream Theaterといったプログレッシヴな影響を盛り込んだ音楽をプレイしていた。

残念ながら同名のバンドがいたために名前をALKEMYSTに改めたバンドは、1999年9月、2曲入りのファースト・デモ「A Path To Heaven」のレコーディングを行う。フランスだけでなく国外でも高く評価されたこのデモには、世界中からオーダーが殺到した。一方で積極的なライヴ活動も展開、Dream ChildやDyslesiaら地元フランスのバンドのオープニングを務めるなど、2001年までに20回以上のショウをこなしていく。しかしながら2000年9月にシンガーが脱退すると、フランス国内では後任にふさわしいシンガーを見つけることができず、バンドはイタリアまで捜索の手を伸ばすことにする。結果、イタリアのシンフォニック・メタル・バンド、Secret Sphereでの活躍で知られるラモン・メッシーナの加入が決定、ラモン・メッシーナ (vo)、アルノー・メナード (g)、セヴラン・ボンヌヴィル (g)、デニス・メリオン (b)、アルノー・ゴーバティ (ds/also in Eternal Flight)という現在まで続くラインナップが完成した。

 
〜苦難〜

続いてバンドは2001年9月のリリースを目指し、6月から7月にかけてデビュー・アルバム「Meeting In The Mist」のレコーディングを行うが、ハードディスクのトラブルにより、ミックスがほぼ終わっていた2曲とデモの状態の2曲を除き、レコーディングがすべて消えてしまう…。しかしながらこのデモにより、バンドはフランス版『Rock Hard』誌のコンペティションを勝ち抜くと、Symphony X, Yngwie Malmsteenらと共に同誌のサンプラーに楽曲を提供、大きな反響を得る。

 
〜デビュー〜

2002年6月、バンドは再びアルバムのレコーディングを開始。今回は大きなトラブルもなく、8月には無事作業が終了。マスタリングはフィンランドの著名な『Finnvox Studios』で行われた。典型的なメロディック・スピード・メタルからは距離を置き、よりアグレッシヴでテクニカルな楽曲に鮮やかなアレンジを施したこのアルバムで、バンドはデビュー作ながら世界有数のHMレーベル『Nuclear Blast』との契約を獲得。2003年5月にまず日本で、続いて6月に全世界でデビューを飾る。

 
〜更なる苦難〜

その後、地元フランスの『Raismes Festival』にEvergrey, Epica, Freak Kitchenらと共に出演(2003年)したり、地元の英雄Loudblastとツアーを行ったり(2004年)しつつ、次作のための曲作りを開始するが、ギターのアルノーが手を負傷して1年以上にわたってギターをプレイすることができなくなるなど、またもや大きなトラブルに見舞われてしまう…。しかしながら音楽を愛し、真のアートのクリエイトを目指す屈強な意思をもったバンドは留まり続け、2006年8月、遂にニュー・アルバムのレコーディングを開始する。複雑な構成を持つ楽曲を最高のクオリティで仕上げるため、レコーディングには約1年もの期間を費やしたが、ようやく2007年7月にミックスも完了。前作同様フィンランドの『Finnvox Studios』でミッカ・ユッシーラがマスタリングを行って完成したアルバムを持って、バンドは契約を探し始める。

〜待望のニュー・アルバム〜

そして北米は『Nightmare Records』、アジアではSPIRITUAL BEASTとの契約を締結すると、2008年4月、Kamelotなどの作品を手掛けてきたフランス人女性アーティスト、Ravenduskがアートワークを担当したこの「Through Painful Lanes」は、世界同時発売される。日本盤にはボーナス・トラック1曲が追加収録されている。
 

*ディスコグラフィ
1998 From Depths… To Light (demo)*
*as ENDLESS

1999 A Path To Heaven (demo)
2003 Meeting In The Mist
2008 Through Painful Lanes

インデックスへ戻る BIOGRAPHYへ戻る TOPへ戻る
 
 
*ラインナップ (l.to r.)
Arnaud Ménard (Guitars), Ramon Messina (Vocals), Denis Mellion (Bass, Chapman Stick)
Séverin Bonneville (Guitars), Arnaud Gorbaty (Drums)
 
インデックスへ戻る TOPへ戻る

ALKEMYST
“THROUGH PAINFUL LANES”

アルケミスト
「スルー・ペインフル・レーンズ」

Artist: ALKEMYST
Title:
THROUGH PAINFUL LANES
Label: SPIRITUAL BEAST
Cat#: POCE-16025
Format: Full CD
Style: HEAVY METAL
Release date: Apr 23rd. 2008

※解説:
土屋 京輔
※対訳:Hatsumi Sakoda
※価格−2,600円(税込み)
※JANコード:
45 71139 01108 4

 

★フランス産シンフォニック・メロディック・パワー・メタル・バンドによる約5年振りのファン待望のニュー・アルバム!! ドラマティックに疾走する哀愁のメロディ、ネオクラシカルなギターを中心にシンフォニック、そしてテクニカルに展開するサウンドは超強力!!

 

Track List:
01. ザ・ビースト・ウィズイン
The Beast Within
02. アナザー・ユー
Another You
03. ホエン・ザ・モーニング・カムズ
When the Morning Comes
04. エンター・ザ・カーニヴァル
Enter the Carnival
05. レストレス・ショウ
Restless Show
06. エヴァーラスティング・フェアウェルズ
Everlasting Farewells
07. ザ・グランド・イリュージョン
The Grand Illusion
08. スルー・ペインフル・レーンズ
Through Painful Lanes
09. イーグル・フライ・フリー
Eagle Fly Free

+1 Bonus Track (日本盤のみ)
10. マイティ・パワーフール*
Mighty Powerfool*

*Bonus Track For Japan

 
お近くの販売店様において、商品の在庫がなかった場合、またはお取寄せの場合には、レーベル名、Cat # 、アーティスト名、アルバムタイトル名を明記のうえ、販売店様にお取寄せして頂けるようお伝えください。お取寄せが出来ない場合には、下記にありますレコードショップの通販部門などをご利用ください。

amazon.co.jp(アマゾン)- 商品ページへ
DISK HEAVEN (ディスク・ヘヴン)
DISCPIER(ディスクピア)
disk union (ディスクユニオン)
HMV
MUSIC NAVI (ミュージック・ナビ)
Shinjuku Records (新宿レコード) TEL : 03-3363-3669
SHINSEIDO
TOWER RECORDS
Vanda Records(バンダレコード)
 
インデックスへ戻る TOPへ戻る